1. ホーム
  2. 便秘薬・下剤情報
  3. ≫便秘に効くと噂の下剤"ビオフェルミン配合散"効果・副作用が心配・・・

便秘に効くと噂の下剤”ビオフェルミン配合散”効果・副作用が心配・・・

便秘に無縁の男性でも名前を言えば思わず歌ってしまうくらい商品名が浸透しており、便秘解消効果が期待出来る指定医薬部外品の”ビオフェルミン”

日本国内で非常に知名度の高い指定医薬部外品でもあり、”人にはヒトの乳酸菌”のキャッチフレーズで質の高い乳酸菌が豊富に配合されている事が分かりますよね\(^o^)/

 

 

この短い動画でもお伝えしている通り、お通じ改善において一番重要な事は腸内環境を改善させる事になります。

そんな有名な下剤の特徴や、分類上は薬品扱いになる為「副作用が心配・・・」と思っているあなたの為に、利用者目線で本当に便秘解消・宿便効果が期待出来るのか検証していきたいと思いますのでぜひ近所のドラックストアに駆け込む前に参考にして下さいね(^^)

 

スポンサーリンク

ビオフェルミンの特徴 

  • 健康商品じゃなく薬品扱いです。
  • 生きたままの乳酸菌を腸に直接届けるタイプです。
  • 赤ちゃんでも服用可能な優しいタイプの便秘解消商品です。

 

健康食品じゃなく薬品扱いです。

ビオフェルミン

 

宿便・便秘解消商品には大きく分けてくお薬と食品に分かれており、基本的に私達がドラックストアで気軽に購入出来るタイプの下剤はお薬として指定されている事が大半です。

 

薬品 粒錠の下剤が多い。
食品 腸内環境改善に特化した商品が多い。

 

その中でもビオフェルミンは副作用が少なく必要以上に過敏に神経質になる必要がない【指定医薬部外品】というジャンルですが、薬品には変わりないので普段から日常的に飲んでいるお薬がある場合は処方してもらっている医者に相談の上服用する事をオススメします( ˘ω˘)

 

そんなジャンル的には薬品や食品が多い中、頑固な宿便をドッサリ洗い流してくれる事でも知られているイサゴールは便秘解消商品唯一の【特定保健用商品】

いわゆる”トクホ”と親しまれているやつでして健康・美容意識の高いあなたならトクホ関連商品を一度は使った事があるはず( ˘ω˘)

 

価格も買取式の完全お試しプランで【1,600円ポッキリ】で便秘解消出来る事から薬品というフレーズに不安な方は一度お試しあれ( ´∀`)b!

 

 

 

生きたままの乳酸菌を腸に直接届けるタイプです。

乳酸菌をしっかり第2の脳と言われる程重要な大腸にしっかり届けてくれる為便秘解消にとても効果的なビオフェルミン。

腸内環境は日常生活や普段からの食生活・年齢や基礎代謝により毎日変化しています。

このとても重要な腸内環境の事を【腸内フローラ】と呼び、ぜん動運動を活性化させてくれる善玉菌を薬品としてしっかり増やしてくれるのがビオフェルミンなんです!

 

赤ちゃんでも服用可能な安心出来る便秘解消薬品ですので、副作用が心配な方でも過剰な心配などせずに使う事が可能になるでしょう(^^)

 

 

赤ちゃんでも服用可能な優しいタイプの便秘解消商品です。

新ビオフェルミンS細粒 生後3ヶ月〜服用可能
新ビオフェルミンS錠 5歳〜服用可能

つまり赤ちゃん(生後3ヶ月〜)でも服用可能なビオフェルミン商品は【新ビオフェルミンS細粒だけ】という事になります。

 

 

ですから一つは赤ちゃんの緊急用として自宅に保管しておいて損はないでしょうね(^^)

下剤は即効性が期待出来る商品が多いのですが、デメリットとして”6歳以上からの服用可能”薬品が圧倒的に多いのが現状でした。

 

新生児や赤ちゃんの便秘に効果的で簡単な”綿棒浣腸”をまず行い赤ちゃんの反応を見ながらの服用が望ましいのではないでしょうか?

 

 

 

ビオフェルミンの効果

総合的な腸内環境改善化

一部の下剤には【美容効果・頭痛改善】などの効果が得られる事が多いようですが、ビオフェルミンは腸内環境を改善化する効果しか見込まれないようですね(^^)

しかしながら腸内環境が改善される事によって悪玉菌が発生させている有害なガスが抑えられ、便秘解消は勿論の事、口臭やおならの改善に役立ちます!

 

その他にも様々な効果が期待出来る!
お腹のハリ解消 原因不明の腹痛
新生児・赤ちゃんの便秘 高齢者による整腸

 

 

 

ビオフェルミンの副作用とは?

ビオフェルミンに副作用はある?

 

便秘解消薬品を飲む上であなたが一番気にしている事は効果以上に”その薬品の副作用は何?”だと思います。

市販で販売されている下剤は分類上は薬品ですので気になってしまうのも当然ですよね(^_^;)

 

↓確認されているビオフェルミンの副作用はこちら↓
便秘は改善されるようになったが下痢気味になった。
なんだかお腹が張っているように感じる。
そもそも便秘が治らない・・・

 

しかしながら日常生活に支障が出てしまうレベルの副作用は未だかつて報告されていない事を含めますと”そこまで過剰に心配する必要はない”と考えるのが一般的ではないでしょうか?

 

薬品ですからその時の体調に合わせてビオフェルミンの効果も多少変わってきます。

その為ビオフェルミンを飲んで気分が悪くなった・・・なんて感じてしまうかも知れません。

そのような事も視野に入れながら飲むべきですから始めは少量から飲むようにしましょう( ´∀`)b!

 

 

効かないからって量を増やさないで!

出来るだけ早く便秘解消したい方に多い服用法が適用量よりもたくさん下剤を飲んでしまう事。

あまり目立った副作用について報告されていないビオフェルミンですが下剤である以上は過剰な量の摂取は大変危険!

腸内環境が異常をきたして下痢になってしまう危険性や下剤の飲み過ぎで直腸性の便秘になってしまう可能性もありますのであなたが満足出来る効果を得られない場合は下剤を辞めて腸内環境をキレイにするような商品を試しみるべき。

 

 

下剤ダイエットにビオフェルミンを使わないで!

そもそも便秘薬(下剤)で行うダイエットとは、便秘薬を飲めば痩せる?簡単ダイエット効果で紹介している通り若い女性の間で簡単に痩せる事が出来るお手軽ダイエットとして最近特に注目されている行為。

つまりビオフェルミンを始め特に便秘気味じゃない女性がダイエット効果を得たい為だけに下剤を服用しているわけなのです。

 

使用上の注意を守り範囲内での服用だけであればビオフェルミンの副作用はそこまで感じない事が多いのですが、過剰に服用してしまったり一時のダイエット目的で便秘じゃないのに服用など言語道断!

確かに便秘薬でのダイエットは一部で未だに行われている行為ですが、長期服用は確実に健康を蝕んでしまいますし、ほとんどの栄養素を洗い流してしまう強制力の強いダイエット方法でもある為病的にコケた痩せ方になってしまう事が多々あるようです。

 

一部の下剤ダイエット常習者の中ではコーラックがダイエット効果に特化している等と言われているよですが、ビオフェルミンも似たような即効性の高い効果がありますのでダイエット目的での摂取は絶対厳禁。

 

あなたが想像している以上に下剤の副作用は強いと考えていて間違いないでしょう。

 

 

 

便秘をしっかり改善したいのなら、キーワードは”腸内環境改善化”

人気便秘解消商品

 

市販の下剤は即効性が高い事から本来緊急時の便秘対処法なのですが、日常的に飲んでいる方がとても多い事に驚きました。

お薬は日常的に飲んでいると効き目が悪くなってしまい、どんどん量を増やして飲んでしまう傾向がとても強く長期的に考えると”下剤無しで排便が出来ない体質”になってしまう可能性すらありますので注意が必要。

 

便秘解消を本気で望むのなら腸内環境を活性化するのと同時に乳酸菌やオリゴ糖・大豆エキスなど出来るだけ体内に負担が少ない便秘解消商品を選ぶべき!

また妊娠中や赤ちゃんなどデリケートな体質の方はそもそも下剤との相性が悪い可能性がありますよね(^_^;)?

 

ドリンクに混ぜて飲む事が出来る粉末タイプあっさりティータイプなど用途に合わせてしっかり選ぶ事が出来るので相性の良い救世主がきっと見つかる!

スポンサーリンク
Pocket