1. ホーム
  2. 様々な便秘の基礎知識
  3. ≫便秘薬が効かない3つの原因と解消方法

便秘薬が効かない3つの原因と解消方法

市販の便秘薬には腸のぜん動運動を促進してくれる効果がありますので、服用してから平均して6時間〜8時間程度で便秘症状を一時的にですが解消する事が出来る為、昔から変わらず人気がありますよね(^o^)

 

そんな簡単に市販で購入可能な便秘薬ですが、普段から日常的に服用していると以前なら翌日になれば効いていたのに”最近特に便秘薬が効かない”事が頻繁に起こってしまう事が実際に口コミ評価で確認していますし、私も実際に体験している事実・・・ヾ(。>﹏<。)

 

効かなくなってしまうと便秘薬の量を増やしたりなどして一時的にですが、薬の効力が効いてくれますがそもそも「なんで便秘薬が効かなくなったのか?効かないのか?」をしっかり理解しないといつまで経っても便秘症状から解放されないでしょう。

 

妊娠中のデリケートな時期にも同様の事が起こりやすく、一番困るのが赤ちゃんの便秘時の対処ですよね?

赤ちゃんの便秘に特化した下剤も販売されていますが薬品である以上副作用の可能性がゼロではありませんので出来る事からたくさん飲ませたくないと考えるのが普通のママさんの発想ですよねヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

 

私も実際に体験し改善された便秘薬が効かなくなった場合の効果的な方法について掲載していますのでぜひ参考にして下さいね(^o^)

 

 

あなたの便秘は想像以上に深刻かも知れません・・・

基本的に即効性が期待出来るコーラックなどの便秘薬にはかなり強力な排便促進効果が配合されていますので飲んで効果が全くないとなると、通常の便秘解消とは異なる方法で治療しないといけない必要が高い。

 

以前は効いていたが最近どんどん効かなくなってきた。 当記事にマッチング!
始めて便秘薬を服用したけど全く効果がない・・・ 様子を見て病院で診察を受けた方が良い。

 

つまり当サイトで紹介している効果的な方法は以前は効いていたが最近徐々に効かなくなった方向けの内容となっております( ´∀`)bグッ!

 

下剤を飲み過ぎていませんか?

最も多い便秘薬が効かなくなってしまう理由は【下剤の飲みすぎ】なのですヾ(。>﹏<。)ノ゙

なんで下剤を飲み過ぎて便秘薬の効果を感じることが難しくなってしまうかというと下剤には腸のぜん動運動を半強制的に促進させる効果があるからです。

 

簡単におつたえするのであれば”スパルタ方法での排便促進が便秘薬”という事になります(^o^)

 

このスパルタ方法は即効性に優れている為たまに服用するととても良い効果を発揮してくれるのですが、長期的に服用を続けていると体内に薬品に対する免疫が出来てしまい普段通りの容量では効き辛くなってしまいます。

また便秘解消に効果的な働きをしてくれる善玉菌を減少させてしまう効果も便秘薬には配合されていますので、ますます便秘薬無しでは排便出来ないカラダになってしまう事が実際に頻繁に起こっています。゚(゚´Д`゚)゚。

 

また基本的に便秘薬は副作用も心配される事が多く、【便秘薬を飲んでも効かなくなってきた⇒もっと量を増やそう⇒排便完了⇒また便秘薬を飲んでも効かなくなってきた⇒もっと量を増やそう】と終わることがないエンドレス状態になってしまう為便秘薬が効かなくなってきたら、一度市販の下剤以外の方法で便秘を解消出来るように務めるべき。

 

便秘薬はあくまで一時的な服用が正しい使い方なのです。

 

 

 

脂肪分が多い食品・飲み物と一緒に服用している。

便秘薬の”ドッサリ出る”飲み方・飲むタイミングでも紹介している通り、便秘薬は風邪薬の服用と異なり便秘薬は食事前・胃が空っぽの状態で服用するのが効果的な飲むタイミング( ´∀`)b

より便秘薬が持つ即効性の高い排便成分が胃に届きやすくなり気持ち良いくらいに排便する事が可能隣ります(^o^)

 

食事後に服用は出来るだけ避けた方が良いのは勿論のこと、脂肪分が多い食品・飲み物と服用は便秘薬が持つ効果を上手く伝える事が出来ない為辞めておいた方が賢明。

 

その理由は食品に含まれている脂肪分は胃に薄い膜を張り、体内にあらゆる成分を取り込みにくくさせる効果がある為なのです。

分かりやすい例を出しますと【お酒を飲む前に牛乳を飲めば酔いづらくなる】と言われている事に関係しており、牛乳はアルコール成分や薬品成分を体内に取り込ませない効果があります。

 

また本来腸で効果を発揮する成分が胃にある脂肪分の膜によって妨害されている為に胃の中で便秘薬の作用を発揮してしまい、必要以上に胃の運動が活発になってしまい嘔吐や吐き気・頭痛などを引き起こしてしまう可能性が高いのです。

 

 

 

水分をしっかり取り込んでいますか?

中には安易に便秘薬さえ服用していれば便秘が治ると考えている方が一定数いるようですが、便秘と生活習慣は非常に密接な関係な事に加えて水分は便を柔らかくし押し流してくれる効果もある為、いくら便秘薬の効果でぜん動運動が活性化されても固く詰まっているうんちは排便する事が難しいのです。

 

水分をしっかり飲む程度の事であれば今日からさっそく始める事が出来ますね(゚д゚)

また消化の悪い食べ物・プチ断食をして腸内を一時的にデトックスしてみるのも非常に効果的で共通している部分は便秘薬の効果に頼り過ぎない事だといえますヾ(。>﹏<。)ノ゙

 

 

 

 

便秘薬が効かない場合の解消方法

  1. そもとも便秘薬を飲む事を辞める。
  2. 食生活の改善・水分補給など健康的な生活を過ごす。

【えっ!?たったこれだけ?】等と思われるかもしれませんが、通常であれば便秘薬は即効性が高いので普通に排便をする事が可能。

しかしながら排便ができない状態となると、便秘薬を飲むあなたのバックグラウンドが関係している場合が非常に多い。

 

軽度の便秘であれば、便秘薬を飲まなくても食生活の改善・生活習慣の改善で便秘が解消される場合があります。

【便秘解消を左右するする飲み物一覧】を参考の上、本日から健康的な生活を始めてみてはいかがでしょうか?

またこのような健康的な生活を過ごす事によって、便秘解消効果のみならず総合的なアンチエイジング効果が期待出来、メリットしかありませんね( ´∀`)b

 

 

慢性的に便秘薬が効かない場合は、腸内環境が悪化している可能性が非常に高く善玉菌を増やす作業に特化した商品選びを行うべきヾ(。>﹏<。)ノ゙

私の場合は市販の下剤ではどんどん効き目が悪くなってきたので興味本位で腸内環境に特化した便秘解消商品を飲んでみた所、数週間で改善方向に向いましたのでワタシ個人的には下剤より腸内環境商品をオススメしています!

 

Pocket