1. ホーム
  2. 様々な便秘の基礎知識
  3. ≫オリゴ糖と乳酸菌の明確な使い方の違いを知っていますか?

オリゴ糖と乳酸菌の明確な使い方の違いを知っていますか?

便秘解消に効果的な事に加えて腸内から緩やかに体調を整えてくれる人気健康食品と言えば、“オリゴ糖”か”乳酸菌”ですよね(*´ω`*)??

オリゴ糖と乳酸菌は便秘解消以外にも効果を発揮してくれる成分として注目されており、インフルエンザ時期には“乳酸菌がインフルエンザの効果的な予防策になる”と言われており、特に注目度が高まる傾向が強いです。

そんな総合的に体内環境を正常化に導いてくれるオリゴ糖と乳酸菌ですが、この2種類の成分の明確な違いについてご存知ですか?

最近では乳酸菌とオリゴ糖がさも同じような扱いを受けて販売されていますが、効果も成分も全く異なる為しっかりと用途を理解してから服用する事が慢性的な便秘を解消する第一歩となるはずです。

 

スポンサーリンク

オリゴ糖とは?

オリゴ糖とは通常野菜などに多く含まれている健康的な効果をもたらしてくれる成分で、分類上は砂糖の仲間になりますが砂糖ほど甘くなく非常に低カロリー成分の為様々な料理の風味付けとして利用されています。

オリゴ糖の種類
消化性オリゴ糖 多くが小腸で分類されていまう成分
難消化性オリゴ糖 消化されずに大腸までしっかり届く成分

小腸と大腸

どちらの成分が良い悪いなど優越はありませんので、効果的なオリゴ糖の摂取方法とは消化性オリゴ糖と難消化性オリゴ糖の両方を摂取して始めてオリゴ糖らしい健康効果を体内にもたらしてくれるのです。

そんなオリゴ糖の効果とは乳酸菌を増やす役割になりお腹の調子を良い状態への整えてくれるのです。

つまりオリゴ糖単体で服用していても満足出来る便秘解消が出来ない可能性が高く、体内に乳酸菌やビフィズス菌が合って始めて効果を発揮してくれます。

乳酸菌・ビフィズス菌はオリゴ糖を餌として大量に増える事が可能ですので簡単にお伝えするなら【オリゴ糖は縁の下の力持ち】的な役割を果たしてくれるのです(*˘︶˘*).。.:*♡

管理人
オリゴ糖を取り込む事により乳酸菌をパワーアップさせてくれる(^^)

 

オリゴ糖のおすすめな使い方とは?

そのまま服用しても勿論便秘解消の効果は期待出来ます(*´ω`*)

しかしながら乳酸菌が体内に無いとオリゴ糖の効果を満足に発揮出来ない為乳酸菌成分と一緒にオリゴ糖を取り入れる事によって少ない乳酸菌量でも数倍にまで乳酸菌を増やす事に成功出来るのです。

この乳酸菌を増やす目的でオリゴ糖を取り入れる場合の注意点として大腸までオリゴ糖を運んでくれる難消化性オリゴ糖がベスト!

消化性オリゴ糖は小腸で約80%が吸収されてしまう為、乳酸菌を増やす効果よりはオリゴ糖単体での効果を期待する形になるはず(^^)

 

消化性オリゴ糖でも便秘解消に効果的な小腸の運動を促進してくれますが、微々たるモノではやり腸全体のぜん動運動を促進してくれる乳酸菌を意識的に摂取する必要があるでしょう(*´ω`*

オリゴ糖の効果的な飲み方
そのまま飲む。
飲み物に混ぜて服用
普段の料理にオリゴ糖をふりかけて飲む

オリゴ糖各商品に共通する事は”飲み物・食べ物に馴染みやすくオリゴ糖単体では味がほとんどしない為、特に違和感なく飲む事が出来ます(^^)

人気オリゴ糖商品は様々な飲み物でも馴染みやすい粉末タイプが主流となっており、赤ちゃんのミルクにでも簡単に馴染み味の変化がない為子供や妊娠時の便秘解消・栄養補給に重宝されていますね。

 

基本的にオリゴ糖商品は難消化性と消化性オリゴ糖がバランス良く配合されている為、私達があまり両方のオリゴ糖について知る機会が無かったと思うので説明させて頂きました(^^)

“オリゴ糖は乳酸菌の餌となり増殖してくれる成分”と覚えてもらえれば大丈夫です(*˘︶˘*).。.:*♡

 

 

乳酸菌とは?

乳酸菌とは、あなたもご存知の通り納豆・ネギ・ヨーグルト等に多く含まれている健康的効果をもたらしてくれる成分で腸内の健康をサポートしてくれる善玉菌を増やす効果があります。

腸内には悪玉菌と善玉菌の2種類の菌がおり、悪玉菌が増えてしまうと有害ガスが発生して口臭・おならの臭い・便秘症状を引き起こしてしまう菌。

そんな菌を除去して内側から健康的にしてくれるのが善玉菌でその善玉菌の餌となるのが乳酸菌なのです。

悪玉菌は特に何もしなくてもストレスや食生活・睡眠不足の低下と伴い増えてしまいますが、善玉菌は乳酸菌などの餌がないとどんどん自然消滅してしまいますので、意識的に乳酸菌を取り込む事が直接便秘解消に繋がるのです(*˘︶˘*).。.:*♡

 

 

乳酸菌のおすすめな使い方とは?

131022_yogurtmaker01

そんな乳酸菌のおすすめな使い方とは、とにかく意識的に乳酸菌を取り入れる事が便秘解消・体内の免疫力向上に繋がる為、便秘に悩んでいる方・風邪気味の方は乳酸菌を腸に入れる事によって軽度の場合は改善方向に向かうでしょう。

この乳酸菌には1日の摂取量は特に決まっていない為乳酸菌を取れば取るだけ善玉菌を増やす事に繋がる事が最大のメリット!!

摂り過ぎてしまうと善玉菌が働き過ぎて下痢症状になってしまう事がたまに起こるそうですが、ヨーグルトを1日2L程度を数ヶ月食べ続けるレベルの話しですので常識的に摂取している以上は特にデメリットはありません(*˘︶˘*).。.:*♡

乳酸菌を取り込む方法
ヨーグルトをたくさん食べる
乳酸菌配合サプリメントを摂取
フルーツや野菜を食べる

 

一番手軽で今日から試せる取り方はヨーグルトを食べる事”だと思いますが、効果的な乳酸菌量を取り込もうと思えば1日400ml〜500ml食べる必要があり、パックヨーグルト2個分に相当する為、コレを毎日食べる事は少し現実的じゃないかも知れません。

その上摂取した乳酸菌は数週間で自動的に体外に排出されてしまう事から日常的に乳酸菌を取り込まないといけない為正直食べ物からの摂取はあまりオススメ出来ません。

乳酸菌を取り込もうとして食品なら違う成分も取り込んでしまう為体重増加の危険性がありますしね・・・ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧

 

その為非常に簡単に乳酸菌だけ・健康的効果のある成分だけを取り込める乳酸菌サプリメントが有効と言われている所以ですね(*˘︶˘*).。.:*♡

理想的な形は食生活をしっかり正しながら食事の補助として乳酸菌サプリメントを摂取する事でしょう(*´ω`*☆

 

  • オリゴ糖は体内にある乳酸菌の餌になる効果・腸内環境の改善化
  • 乳酸菌はオリゴ糖を吸収して量を増やし、善玉菌の餌になる効果・腸内環境の改善化
  • 善玉菌は乳酸菌を吸収して量を増やし、便秘解消効果をもたらしてくれる効果
【オリゴ糖⇒乳酸菌⇒善玉菌⇒便秘解消】

hagukumi5

 

オリゴ糖で便秘解消しようと思えば乳酸菌を増やし、善玉菌を増やす作業が必要となる為即効性の高い便秘解消はオリゴ糖では得る事が出来ません。

しかし即効性が無い代わりにカラダに非常に優しく副作用等の危険性が一切ありませんので赤ちゃんの便秘解消商品【妊娠時の便秘解消商品】として人気があるもの納得(*´ω`*)☆

オリゴ糖や乳酸菌はあくまで便秘解消のサポート役に特化している商品ですが、それ以上に健康効果・美肌効果等得れる効果が便秘解消以外にもたくさんある為、市販下剤等で原因不明の下痢や頭痛に悩まされた経験のある方は一度オリゴ糖や乳酸菌サプリメントで便秘解消をオススメします(-ω☆)

スポンサーリンク
Pocket